小樽運河

(おたるうんが)

運河と石造倉庫の歴史ある景観

運河沿いに明治・大正時代の石造りの倉庫が美しく並ぶ風景です。このかつての倉庫は、今ではレストランやカフェ、お土産店などとして再利用されています。

夜になると、ガス灯の灯りが輝き、建物がライトアップされる光景はまさに幻想的。ロマンチックなムードが漂ってきます。

小樽運河に沿っては、散策するための遊歩道があり、周辺には風情あふれる観光スポットがたくさん広がっています。

さらに、人気の小樽運河クルーズでは、約40分かけて運河を巡ることができます。中央橋から始まり、南端の浅草橋を経由して小樽港へと向かい、北運河まで進む船上からのクルージングは、特に夕暮れ時や夜にはロマンチックな雰囲気に包まれます。

そして冬には、小樽の人気イベント「小樽雪あかりの路」の会場としても知られています。

小樽運河は、日本国内唯一となる海岸の沖合い埋立て方式で造られたもので、1923年に完成しました。

かつては北海道の開拓の玄関口であった小樽港として栄えましたが、時代の変化とともに港の整備が進み、運河の使命は終わりを迎えました。

しかし、運河の約半分にあたる全長1140メートルはそのままに、街の公園や散策路として整備され、新たな観光地として生まれ変わりました。

小樽運河は、歴史と風光明媚な景観が融合した魅力的なスポットとなっています。

Information

名称
小樽運河
(おたるうんが)
Otaru Canal
リンク
公式サイト
住所
北海道小樽市港町
電話番号
0134-32-4111
営業時間

入退場自由

定休日

無休

料金

無料

アクセス

小樽駅から徒歩で約10分

エリア
北海道 小樽・余市・ニセコ 北海道・東北
カテゴリ
夜景・夕日 町並み

Gallery

小樽・余市・ニセコ

北海道

カテゴリ

エリア