登別地獄谷

(のぼりべつ じごくだに)

迫力の自然が織りなす奇景

登別温泉街の北東にある、日和山の噴火によって生じた長径約450m の爆裂火口跡。
谷に沿って地表に数無数の噴気孔があり、ガスと高温の温泉が湧き出している。

泡を立てて煮えたぎる風景から地獄谷という名がついた。

ここから多種類の温泉が1日1万トンも湧出し、温泉街のホテルや旅館に給湯されている。



### 地獄谷の概要

登別地獄谷は、登別温泉街の北東に位置し、日和山の噴火によって生じた直径約450メートルの爆裂火口跡です。谷には無数の噴気孔があり、高温のガスと温泉が湧き出ています。この煮えたぎる光景から「地獄谷」という名がつけられました。ここからは、多種類の温泉が1日に1万トンも湧出し、温泉街のホテルや旅館に給湯されています。

### 観光と遊歩道

観光客のために遊歩道が設けられており、地獄谷の奇怪な光景を10分から15分ほどで一周できます。夜間には「鬼火の路」としてライトアップされ、幻想的な雰囲気を楽しめます。また、大湯沼までの遊歩道も整備されています。

### 火山活動と地形

地獄谷は活火山「俱多楽」の西麓に位置し、大湯沼や日和山とともに「登別火山」を構成しています。地獄谷の面積は約11ヘクタールで、高温の噴気・熱水活動が続いており、登別温泉の源泉となっています。このエリアは支笏洞爺国立公園の「特別保護地区」に指定されています。

### 歴史と噴火

約15,000年前に始まった火山活動により日和山に溶岩ドームが形成され、約8,000年前からの水蒸気噴火により大湯沼や地獄谷が形成されました。最新の噴火は約200年前に発生したと推定されています。2015年からは噴火警戒レベルの運用が開始されました。

### 観光名所としての選定

登別地獄谷は「かおり風景100選」「北海道遺産」「日本紅葉の名所100選」「日本美しの森 お薦め国有林」に選ばれています。

## 登別温泉の概要

登別温泉は、北海道登別市にある温泉地で、江戸時代からその存在が知られていました。明治時代に温泉宿が設けられてからは、保養地・観光地として発展し、「にっぽんの温泉100選・総合ランキング」で毎年上位にランクインする日本有数の温泉地です。地名の語源はアイヌ語の「ヌプル・ペツ」(水色の濃い川)に由来しています。

### 温泉の特徴

登別温泉の自然湧出量は1日1万トンで、9種類の泉質が毎分3,000リットル湧き出ています。この多様性から「温泉のデパート」とも呼ばれています。中でも地獄谷は登別温泉最大の源泉エリアとなっています。

火口跡を歩く

観光用の遊歩道も設けられており、奇怪な光景を1周10分から15分程で楽しむことができる。
夜間は「鬼火の路」としてライトアップ。

Information

名称
登別地獄谷
(のぼりべつ じごくだに)
Noboribetsu Hell Valley
リンク
公式サイト
住所
北海道登別市登別温泉町
電話番号
0143-84-3311
駐車場

有料

アクセス

登別駅からバスで15分

エリア
北海道 洞爺湖・登別・日高 北海道・東北
カテゴリ
景勝地・展望台

Gallery

洞爺湖・登別・日高

北海道

カテゴリ

エリア