大内宿

(おおうちじゅく)

ここは江戸時代…かと感じる町並み

南会津の山中に、寄棟造りの建物が田園の中の旧街道と直角に整然と並び、江戸時代の景観がそのまま残る、
会津若松と日光・今市を結ぶ南山通り(会津西街道)の宿駅のひとつとして栄えた「半農半宿」の宿場町。
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定。

大内宿本陣跡には、下郷町町並み展示館があり、民宿や土産物屋、蕎麦屋などが多数立ち並ぶ。

特に蕎麦に関しては、高遠そばの名で知られており、箸の代わりにネギを用いて蕎麦を食べる風習がある。 

大内宿雪まつりでは、江戸時代の宿場の家並みという地域の個性を生かし、時代風俗仮装大会など、多彩な催しをおこなう。

夜になると、各家の前には雪灯籠の中にろうそくの灯りがともされ、幻想的な雰囲気に包まれる。

Information

名称
大内宿
(おおうちじゅく)
Ouchi-juku
リンク
公式サイト
住所
福島県南会津郡下郷町大字大内字山本
電話番号
0241-68-3611
アクセス

会津鉄道湯野上温泉駅から車で15分[6km]
東北道白河ICから国道118号経由を車で60分

エリア
福島県 南会津 北海道・東北
カテゴリ
町並み

Gallery

南会津

福島県

カテゴリ

エリア