宗像大社 辺津宮

(むなかた たいしゃ へつみや)

日本最古の神社と海上交通の要衝

宗像大社は日本各地にある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社です。宗像大社は沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮(総社)の三社の総称であり、そのうち辺津宮は総社として重要な位置を占めています。

宗像大社の構成

筑前大島には沖津宮遥拝所(瀛津宮)もあり、地図上で辺津宮から11km離れた中津宮、さらに49km離れた沖津宮は全て直線上に位置しています。このように、宗像大社の三社は地理的にも重要な関係性を持っています。

宗像大社の歴史

宗像大社は記紀に由緒が記された日本最古の神社の一つであり、古代から大陸と半島の政治、経済、文化の海上路として重要な役割を果たしてきました。特に、沖津宮のある沖ノ島は島全体が御神体であり、現在でも女人禁制で、男性であっても上陸前には禊を行わなければなりません。

沖ノ島の発掘調査

沖ノ島では4世紀から9世紀までの古代祭祀遺構や装飾品などの大量の祭祀遺物(奉献品)が発見されました。また、縄文時代から弥生時代にかけての石器や土器などの遺物も見つかっています。これらの出土品は福岡県宗像大社沖津宮祭祀遺跡出土品として一括で国宝に指定されており、沖ノ島は俗に「海の正倉院」とも呼ばれています。

宗像三女神と辺津宮

宗像大社の辺津宮は宗像三女神の市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)を祀っています。広大な神苑には、重要文化財の本殿・拝殿を中心に、第二宮(沖津宮)、第三宮(中津宮)、高宮祭場、そして沖ノ島の出土品である国宝8万点を収蔵する神宝館が点在しています。

世界文化遺産への登録

宗像大社は、世界文化遺産に登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産の一部として、世界的にもその重要性が認められています。宗像大社の辺津宮はその中でも特に重要な役割を果たしており、多くの参拝者や観光客を惹きつけています。

宗像大社の意義と魅力

宗像大社は古代から現代に至るまで、政治、経済、文化の中心地として、また信仰の対象として重要な役割を果たしてきました。特に沖ノ島は、祭祀遺構や奉献品が豊富に発見されており、古代から海人族らの信仰の対象とされていたことが偲ばれます。そのため、「海の正倉院」とも称され、裏伊勢とも呼ばれることがあります。

宗像大社の辺津宮は、広大な神苑と歴史的な建築物、貴重な出土品を収蔵する神宝館を有しており、訪れる人々に日本の古代から続く歴史と文化を感じさせる場所です。また、四季折々の美しい風景や、季節ごとに行われる祭りやイベントも魅力の一つです。

Information

名称
宗像大社 辺津宮
(むなかた たいしゃ へつみや)
Munakata Taisha Hetsumiya
リンク
公式サイト
住所
福岡県宗像市田島2331
電話番号
0940-62-1311
営業時間

神宝館 9:00~16:30

定休日

年中無休

料金

神宝館 拝観料
一般 800円
高校生・大学生 500円
小学生・中学生 400円

アクセス

東郷駅からバスで20分

エリア
福岡県 博多・天神・太宰府
カテゴリ
神社 神社・仏閣・寺院・教会

Gallery

博多・天神・太宰府

福岡県

カテゴリ

エリア