松本城

(まつもとじょう)

国宝・五重天守の漆黒の城

松本城は戦国時代の永正年間(1504-1520年)に造られた深志城が始まり。
現存天守の一つとして国宝に指定され、城跡は国の史跡に指定されている。

国宝指定された天守は5城のみで、他は姫路城、犬山城、彦根城、松江城。
五重天守は松本城と姫路城のみ。

外壁は初重から最上重まで黒漆塗りの下見板が張られ、黒と白のコントラストが背景のアルプスの山々に映える。

現存12天守の中では唯一の平地に築かれた城(平城)で、本丸、二の丸、三の丸ともほぼ方形に整地されている。

5重6階の天守を中心に、大天守北面に乾小天守を渡櫓で連結し、東面には辰巳附櫓・月見櫓を複合した複合連結式天守。
辰巳附櫓・月見櫓は江戸時代の増築で、赤い欄干を配して、風雅な雰囲気を持つ。

松本城公園
周辺は本丸庭園を含む都市公園として整備され、年間を通じて各種イベントが開催されている。
春は満開の桜、初夏の藤の花盛夏の濠の涼、秋の紅葉、冬の北アルプスの雪の峰々と、園内の植物と周囲の山並みの変化を四季を通して楽しめる。

Information

名称
松本城
(まつもとじょう)
Matsumoto Castle
リンク
公式サイト
住所
長野県松本市丸の内4番1号
電話番号
0263-32-2902
営業時間

8:30~17:00(最終入場は16:30まで)

定休日

年末(12月29日から31日)

料金

天守と本丸庭園
大人 700円
小人 300円

駐車場

普通車110台 大型車24台

アクセス

JR篠ノ井線・大糸線、アルピコ交通上高地線 松本駅(東口(お城口))から徒歩で約20分

JR大糸線 北松本駅(東口(お城口))から徒歩で約7分

バス:
松本駅バス停から、松本電鉄バスタウンスニーカー北コースで約10分、「松本城黒門」バス停下車

松本バスターミナルから、松本電鉄バス浅間温泉行きなどで約10分、「大名町」バス停下車

自動車:
松本インターチェンジから車で15分

エリア
長野県 松本・上高地・塩尻 甲信越
カテゴリ
 歴史・文化・アート

Gallery

松本・上高地・塩尻

長野県

カテゴリ

エリア