葛西臨海水族園

(かさいりんかいすいぞくえん)

東京湾に面した約80ヘクタールの広大な公園「葛西臨海公園」内にある水族館。
年間入場者数が水族館の日本一の記録を持ち、東日本で最も入場者が多い。

建物は池の中心にある地上30メートルほどの高さのガラスドーム。
ドームの真下にエントランスがあり、地下に展示空間が広がっている。
設計はGINZA SIXなどを設計している谷口吉生。

館内はドーナツ型の大型水槽を回遊するマグロ類をはじめ、47の水槽に約650種の生物が飼育されている。

極地の水槽などで現地採集された珍しい生物が見られ、世界で初めてナーサリーフィッシュの展示に成功した。

大洋の航海者
アカシュモクザメやツマグロなどのサメ類やエイ類、マイワシの群を展示している。

大洋の航海者(ドーナツ型2,200 t水槽)
クロマグロ、スマ、ハガツオ、オキザヨリ、シノノメサカタザメ、アカシュモクザメを展示。
座席が設置してあるアクアシアターにて落ち着いて鑑賞することができる。

世界の海
太平洋、インド洋、大西洋、カリブ海、深海、北極海・南極海に分けて展示。

渚の生物
ボラ、マダイ、マダコ、アメフラシなど。タッチングプールではヒトデ、ウニなどの他、各種条件を満たせばネコザメなどのサメにも触れる。

ペンギンの生態
ペンギンの生息環境に近い岩場を再現した、世界最大級のペンギン展示場。フンボルトペンギン、オウサマペンギン、イワトビペンギン、フェアリーペンギンの4種を屋外で飼育している。
オウサマペンギンとイワトビペンギンは日本の夏の暑さには弱いため、夏季は見られない。

海藻の林
ジャイアントケルプを中心とした展示。

東京の海
小笠原諸島、伊豆七島、東京湾に分けて展示。タマカエルウオ、ホウボウなど

海鳥の生態
ウミガラス、エトピリカなど

淡水生物館
オイカワ、イワナ、ヤマメ、メダカなど日本の淡水に生息する生物を展示

Information

名称
葛西臨海水族園
(かさいりんかいすいぞくえん)
Kasai Waterfront Aquarium
リンク
公式サイト
住所
東京都江戸川区臨海町6-2-3
電話番号
03-3869-5152
営業時間

9:30~17:00

定休日

毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日)

料金

一般:700円
中学生:250円
65歳以上:350円
小学生以下無料

駐車場

2700台(葛西臨海公園駐車場)有料

アクセス

葛西臨海公園駅から徒歩で5分

エリア
東京都 亀戸・葛西・門前仲町 関東 東京都内(23区)
カテゴリ
動植物園・水族館

Gallery

東京都内(23区)

東京都

カテゴリ

エリア