蓮華王院 三十三間堂

(れんげおういん さんじゅうさんげんどう)

1001体の千手観音像が並ぶ、日本の仏教彫刻の頂点

妙法院の境外仏堂で1,001体の千手観音像が並ぶ。内陣の柱間が33あることから三十三間堂と呼ばれる。千手千眼観音像・二十八部衆立像・風神雷神等の仏像等、多数の国宝・重文の文化財を有する。【創建年代】1164年

概要

蓮華王院 三十三間堂(れんげおういん さんじゅうさんげんどう)は、京都市東山区に位置する仏教寺院で、正式には「妙法院蓮華王院」といいます。後白河法皇の命により、1164年に建立されました。その名の通り、建物は33間(約120メートル)もの長さを誇り、内部には千手観音像を中心に多くの仏像が安置されています。

歴史

蓮華王院は、平安時代末期に後白河法皇が自らの離宮として創建しました。その後、1249年に火災で焼失しましたが、1266年に再建され、現在の姿となりました。鎌倉時代以降も度々修復が行われ、江戸時代には徳川家の庇護を受けるなど、長い歴史を持つ重要な文化財です。

千手観音像

三十三間堂の内部には、1001体の千手観音像が並んでおり、その壮観さは訪れる人々を圧倒します。中央に座する「本尊・千手観音坐像」を囲むようにして、1000体の「千手観音立像」が整然と配置されています。これらの仏像は鎌倉時代に作られたもので、細部にわたる精緻な彫刻が施されています。

風神雷神像と二十八部衆

千手観音像の他にも、三十三間堂には風神雷神像や二十八部衆像が安置されています。風神雷神像は、それぞれ風神と雷神を象徴する仏像で、迫力ある姿が特徴です。また、二十八部衆は千手観音を守護する28体の仏像で、それぞれが独特の表情と姿勢を持ち、観音像を取り囲んで配置されています。

弓道の大会

三十三間堂では、毎年1月に「大的全国大会」という弓道の大会が開催されます。この大会は江戸時代から続く伝統行事で、全国から多くの弓道愛好者が集まり、的に矢を射る技術を競います。特に新成人が参加することで有名で、晴れ着を着た若者たちが華やかに弓を引く姿が見られます。

文化的意義

蓮華王院 三十三間堂は、その歴史的・文化的価値から、1952年に国宝に指定されました。特に千手観音像群は、日本の仏教彫刻の頂点を象徴するものであり、多くの研究者や芸術愛好者にとって重要な研究対象となっています。また、寺院としても多くの参拝者が訪れ、信仰の場としても大切にされています。

アクセス

三十三間堂へのアクセスは、京阪電鉄の「七条駅」から徒歩約5分です。また、京都市バスの「博物館三十三間堂前」バス停からも近く、観光の拠点として便利です。周辺には京都国立博物館や清水寺などの観光スポットも多く、一日中楽しむことができます。

Information

名称
蓮華王院 三十三間堂
(れんげおういん さんじゅうさんげんどう)
Rengeoin Sanjusangendo
住所
京都府京都市東山区三十三間堂廻町657
電話番号
075-561-0467
営業時間

8:00~17:00
11月16日~3月31日 9:00~16:00

料金

【大人】600円
【大学生】400円
【高校生】400円
【子供】300円

アクセス

JR京都駅から市バスで10分 *100・206・208系統「博物館三十三間堂前」下車すぐ
京阪七条駅から徒歩で7分

エリア
京都府 祇園・東山 京都市
カテゴリ
神社・仏閣・寺院・教会

Gallery

京都市

京都府

カテゴリ

エリア