城崎温泉

(きのさきおんせん)

風情ある温泉郷を浴衣で外湯めぐり

平安時代以前から知られる長い歴史を持つ温泉で、風情ある景観と浴衣で湯めぐりを楽しむ人々で、まるで昔の日本にタイムスリップしたかのよう。

東に円山川、背後の三方は山々に囲まれ、大谿川(おおたにがわ)に沿って「く」の字型につくられた温泉街。

川の両岸に木造三階建ての老舗旅館が軒をつらね、川の流れに沿って桜並木としだれ柳が続き、玄武岩を重ね合わせた護岸と階段状で昔ながらの石造りの太鼓橋、温泉街各所にある足湯や飲泉場が温泉情緒を醸し出している。

城崎温泉には「外湯」と呼ばれる天然温泉の公衆浴場が7つある。
昔は旅館に内湯がなく、客は温泉街の各所にある外湯に通っていた。

1950年以降にほぼ全ての宿に内湯が設置されたが、旅館宿泊者は全外湯の入浴料が無料になる入浴券が利用でき、浴衣姿で全外湯を巡る「外湯めぐり」が名物となった。

城崎温泉の7つの外湯の両端にある外湯まで歩いても20分、それぞれ趣きが異なる7つの湯を散策しながら歩いて巡れる。

鴻の湯
7湯の中で最古の湯であり、舒明天皇の時代に、コウノトリが足の傷を癒しているのを発見したという開湯伝説がある。山家風の建物で、道の奥に引っ込んでひっそり建っている。庭園露天風呂もあり。

まんだら湯
温泉寺開祖の道智上人が千日曼荼羅行で湧出させた湯が源泉だったと伝えられている。建物も仏縁にちなんで御堂を模し、入口は唐破風でエキゾチックな雰囲気。

御所湯
後堀河天皇の御姉、安嘉門院が来浴した湯とされている。京都御所を彷彿とさせる建物で、開放感溢れる露天風呂がある。

一の湯
温泉街中央の王橋のたもとにあり、城崎のシンボル。一見歌舞伎座を思わせる桃山風の建築で、洞窟風呂がある。名前は江戸中期の温泉学者、香川修徳が当時「新湯」といったこの湯を、天下一と推賞したことに由来。玄関脇には「海内第一泉」(日本一の温泉)の石碑が誇らしげに建っている。

柳湯
柳の下から湧き出した湯が始りという、大正ロマン漂う木造の浴場。

地蔵湯
町の玄関口としてふさわしいインパクトのある建物。この湯の泉源から地蔵尊が出たころから、この名が付けられた。

さとの湯
JR城崎駅のすぐ横にある日本最大の駅舎温泉。 三階の天望露天風呂からは、円山川が一望でき、二階には和・洋風の大浴場のほか泡風呂・各種サウナがあり、いろいろな入浴が楽しめる。

日本海岸近くの温泉であり、夏は海水浴、冬はカニ料理に人気がある。

Information

名称
城崎温泉
(きのさきおんせん)
Kinosaki Onsen
リンク
公式サイト
住所
兵庫県豊岡市城崎町
電話番号
0796-32-0117
アクセス

JR城崎温泉駅から徒歩で5分

エリア
兵庫県 城崎・出石・湯村温泉 関西
カテゴリ
温泉地 町並み 温泉・癒し

Gallery

城崎・出石・湯村温泉

兵庫県

カテゴリ

エリア